記事の詳細

12年11月10日 天気:晴れ

各港にカマスが入ってきました!
これは本格的シーズンの到来です!正直、時間帯によっては爆ッてます!!
カマスの聖地。神前港ではルアー・サビキ・エサ釣りと何でもいい感じです。
数を狙うならサビキです。型を狙うならルアーです。夜釣りはエサ釣りです。
サビキはこの地域独特の釣法でカマスサビキなら12号以上、ハゲ皮・サバ皮サビキなら9号以上。
オモリは15〜20号が定番です。竿は遠投が利くタイプが有利です。
ルアーはテイルスピナージグの15gが圧倒的に釣れています。
クルクルのカウンターアタックが№1です。色はシルバー系がよく当っています。
竿は専用の物がないので、エギングロッドかシーバスロッドの8Ft以上がいい感じです。
ラインはPE0.4〜1号でショックリーダーは5号以上を2m付けてください。
エサ釣りは、電気ウキ(3〜5号自立)を使用し仕掛けはワイヤー2段鈎仕掛けです。
肝心のエサはキビナゴが№1で、さらにいうと小ぶりなキビナゴが一番!
つりエサ市場では「プチキビナゴ」いう商品名で販売しております。
本来は太刀魚用のエサなんですが、カマスにもやたら効果的です!!
このエリア(神前港・長島港)で釣れるカマスはアカカマスでカマスの中では最高級品です!
もちろん回遊魚でフィッシュイーターですから常に同じ場所ではいません。
常にベイトの回遊に合わせて移動します。時合いは平均的に朝マズメ&夕マズメが鉄板です。
でも曇天時や雨の日などには好釣果も出ています。
爆ッてくると時速30匹オーバーも当り前の数字になってきます。
サイズはまだ初期という事もあって25〜40㎝位が多いです。
ドデカイ、カマスの事をこの地域では「アラハダ」と呼びます。
魚屋さんに並んでる大きいカマスもアラハダと書いて売っていますよ。
アラハダと呼べるサイズは45㎝以上で、ご立派サイズは50㎝オーバーも釣れます。
神前港は堤防の内側・外側、両方釣れますが日によってまちまちです。
長島港は港内ではなく名倉寄りがオススメです。
日ムラは当然ありますが、間違いなくシーズンインです!!!
本日、紹介させていただいたエサ&釣具はつりエサ市場にありますので
釣行の際は是非是非、お立ち寄りくださいませ。
最後にゴミなどは必ず持ち帰り最低限のマナーを守り末永く遊ばせていただきましょう。
byマネージャー

関連記事

最新の投稿

18年8月20日(月) 釣果
18年8月17日(金) 釣果
18年8月15日(水) 釣果
18年8月14日(火) 釣果
18年8月13日(月) 釣果

過去の記事

リンク